top of page
  • 大井哉佳

1戦目

東海大学2-0大東文化大学

   25-21

   25-14

セットカウント2-0で東海大学が勝利しました。

天皇杯・皇后杯関東ブロックラウンド第1戦目は、両サイドから緩急を付けた攻撃が特徴の文化大学との対戦です。1セット目は相手の粘り強いレシーブと緩急を付けた攻撃に対応できず、リードを許します。しかし、こちらもフウの前後を揺さぶる攻撃により得点を重ね、終盤に追い付きセットを取りきります。2セット目は序盤からアオとミアの高さのあるブロックが炸裂し、流れを掴みます。リオとココの繋ぎからアオとカヤが鋭いスパイクを決め、完全に自分たちのペースで試合を運びます。最後はフウのライト攻撃が決まり、この試合に勝利しました。




2戦目

東海大学2-0下北沢成徳高等学校

   25-22

   26-24

セットカウント2-0で東海大学が勝利しました。

2戦目は、高さを生かしたブロックとハイセットを中心とした攻撃の下北沢成徳高校との対戦です。1セット目は、両者レフトからの攻撃で点を取り合います。相手レフトのパワフルな攻撃に対応できず苦戦します。しかし、ココの粘り強いレシーブとアオの鋭いスパイクで流れを掴み、セットを取り切ります。2セット目は序盤から両者粘り強いレシーブでラリーの応酬が続きますが、カヤのサーブで相手を崩し、ミアの高さを生かしたブロックとライトからの速い攻撃でブレイクを重ねます。終盤に掛けて相手のライトからの攻撃に連続得点を許し、苦しい展開に追い込まれましたが、アオのスパイクとサービスエースで流れを取り返します。最後はカヤが相手のエースをブロックし、この試合に勝利しました。


ファイナルラウンドへの出場が決定しました。




  • 大井哉佳

《最終結果》

3位


順位(ベスト4)

1位 筑波大学

2位 日本体育大学

3位 東海大学

4位 東京女子体育大学


《個人賞》

ベストスコアラー #1宮部愛芽世(体育学部4年)


応援ありがとうございました。

  • 大井哉佳

東海大学3-0順天堂大学

   35-33

   25-20

   25-21

セットカウント3-0で東海大学が勝利しました。

秋季リーグ最終戦は、粘り強いレシーブが持ち味の順天堂大学との対戦です。1セット目は、序盤か相手のブロック利用に苦戦します。しかし、フウの力強いスパイクやカヤの前後をつけた攻撃により得点を重ね先取します。続く2セット目は、互いにディフェンスが光る中、ココとリオが拾って繋ぎ、難しい場面でもアオが決め切り連取します。3セット目は、サナの効果的なサーブから、ミアのブロックポイントで流れを掴みます。高さのあるブロックで相手の攻撃を封じ、この試合に勝利しました。




bottom of page