top of page
  • 大井哉佳

東海大学1-3日本大学

25-21

22-25

17-25

27-29

セットカウント1-3で日本大学が勝利しました。

第8戦目はミドルの機動力を活かした速い攻撃が持ち味の日本大学との対戦です。1セット目は序盤からメグやカヤの強弱を付けたスパイクが決まり勢いを付けます。また、粘り強いレシーブも光り、このセットを先取します。続く2・3セット目は相手ライトの左利きを活かしたインナーへのスパイクを決められ、点差を開かれます。メグのブロックポイントから点差を縮めますが、ミドルの速攻に対応できず、このセットを落とします。4セット目は序盤から相手のフェイントに点数を取られリードされます。中盤でレンの高さを活かしたスパイクが決まり競った展開となります。終盤に選手交代で入ったイチのサーブから相手を崩し連続で得点をしますが、最後は相手レフトからの力強いスパイクに得点を許し、この試合に敗北しました。



  • 大井哉佳

東海大学1-3日本体育大学

18-25

19-25

25-22

18-25

セットカウント1-3で日本体育大学が勝利しました。

第7戦目は両サイドからの速い攻撃が持ち味の日本体育大学との対戦です。1・2セット目は相手ライトからの速い攻撃にブロックが対応できず、鋭いスパイクを決められます。また、相手レフトに高い打点からインナーに打ち込まれ、点数を離されそのままセットを落とします。続く3セット目は、序盤からメグやカヤの強弱を付けたスパイクが決まりリードします。中盤から相手ミドルの攻撃にブロックが対応できず、追い付かれます。そのまま、両者譲らない展開が続きますが、終盤で東海の粘り強いレシーブが光り、勢いに乗ったまま、最後はナルのスパイクが決まりこのセットを取ります。4セット目は序盤から競った展開となります。中盤でライトからストレート方向に鋭いスパイクを決められ、点差を離されます。終盤にレンのブロックで点数を重ね、粘りますが相手レフトの高いブロックに攻撃を阻まれ得点を許し、この試合に敗北しました。


  • 大井哉佳

東海大学1-3東京女子体育大学

25-20

14-25

15-25

22-25

セットカウント1-3で東京女子体育大学が勝利しました。

第7戦目は力強いスパイクが持ち味の東京女子体育大学との対戦です。1セット目は序盤から両エースの撃ち合いが続き、得点を取り合います。しかし、中盤でナルのロングサーブで流れを掴み、ミアのライトからの速い攻撃で得点を重ねこのセットを先取します。2セット目は相手の速いドライブサーブに崩され、自分たちの持ち味であるライトからの攻撃に繋げられません。また、ブロックアウトを積極的に狙ったスパイクを打ちますが、相手の粘り強いレシーブに拾われこのセットを落とします。続く3セット目も立て直すことができずセットを落とします。4セット目は正確なパスから多彩な攻撃を広げられ、点差を開かれます。サキのブロックポイントで連続得点を重ね、点差を縮めますが、レフトからの長いコースに力強いスパイクを決められこの試合に敗北しました。




bottom of page