top of page
  • 大井哉佳

春季リーグ戦第10日目結果

東海大学0-3筑波大学

15-25

25-27

18-25

セットカウント0-3で筑波大学が勝利しました。

第10戦目は素早いトスからのコンビバレーを特徴とした筑波大学との対戦です。1セット目は序盤、両者サイドからスパイクを打ち合い点数を取り合います。しかし、中盤に相手ライトからの速い攻撃にレシーブが対応できず点差を離されたまま、このセットを落とします。続く2セット目はカヤのサーブでポイントを取り、流れを掴みますが、相手の粘り強いレシーブからミドルの緩急を付けた攻撃に点数を取られ、競った展開となります。終盤まで、拮抗した試合となりますが、最後は相手のスパイクを拾いきれず、このセットを落とします。3セット目は両者譲らない展開が続きます。選手交代で入ったイチがサーブとスパイクを決め、チームを勢い付けますが、相手の高いブロックに攻撃が阻まれ点数を重ねられます。終盤は、相手セッターのトスワークに翻弄され、レシーブを上げ切れずこの試合に敗北しました。




閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東日本インカレ第2日目結果

東海大学1-3筑波大学 22-25 25-20 19ー25 15ー25 セットカウント1-3で筑波大学が勝利しました。 第4戦目はレセプションが良く、絡んだ攻撃と速い攻撃が特徴の筑波大学との対戦です。1セット目は序盤から競った展開が続きますが、自分たちが繋ぎ切れず落としてしまうことや、スパイクミスなどの直接失点により相手に流れを掴まれます。終盤でナルのライトからの鋭いスパイクが決まり、追い上げます

東日本インカレ第2日目結果

東海大学2-0福島大学 25-17 25-12 セットカウント2-0で東海大学が勝利しました。 第2戦目は粘り強いレシーブからサイドの速い攻撃を特徴とした福島大学との対戦です。1セット目は、序盤に自分たちのミスで相手に点数を与え、競った展開が続きます。しかし中盤でナルのライトからの速い攻撃やカヤの攻めたサーブで点数を重ね点差を広げそのままこのセットを先取します。続く2セット目は、序盤からカヤの力強

Comments


bottom of page